ybinaryの判定方法は3種類ある

24 Optionのバイナリーオプションには3種類の判定方法があります。通貨や株式、株価、商品先物の相場が設定された価格よりも高くなるのか、それとも安くなるのかを予想するだけというシンプルなもので、次の判定方法、つまり条件に則って期限時点での状況が判断され、予想が的中か否かを判定されます。

◆判定方法その1 : 『高/低(ハイ&ロー)』取引
最初の判定方法は『高/低』です。他社では『High&Low』とも呼ばれる判定方法です。バイナリーオプションの基本中の基本のルールです。

取り引き開始時点のレートが決められた期限でのレートと比べて高いか安いかで判定されます。途中経過は一切関係がなく、あくまで設定された時間が終わったときのレートを見ることになります。取り引きの例としては、米ドル/円が開始時点で82円20銭だった場合、10分後のレートが82円20銭よりも高いのか低いのかを予想するだけです。

◆判定方法その2 : 『ワンタッチ』取引
次の判定方法は『ワンタッチ』です。取り引きが開始されてから期限までに一瞬だけでも決められたレートにタッチするかどうかを見ます。一度でもその設定したレートに相場が届けば利益が確定です。確定後の残り時間の相場変動は無関係です(つまり、その後2度3度とその相場に届いても関係がありません)。

取り引きの例では米ドル/円が82円20銭だった場合、15分以内に82円30銭に届くかどうかの設定としたとします。時間内に82円30銭に瞬間でも届けば利益確定で終了です。その後の残った時間で1度82円25銭に戻り再び82円30銭になっても関係はありません。ある程度値動きの幅が大きい相場で利益が出しやすいルールと言われています。

逆に『ノータッチ』と言って、指定したレートに届かないことを予想することも可能です。その場合は期限までに一度も設定した目標レートに為替が届かないことが条件です。この場合は値動きが安定している相場に向いているでしょう。

◆判定方法その3 : 『境界(レンジ)』取引
判定時間内に上限下限を決めたレート幅の中で推移するかどうかの取引です。一度でもその幅を超えてしまうと終了です。取り引き例は82円20銭の円ドル為替レートが、82円10銭から82円30銭の間で推移するかを予想します。82円10銭を下回るか、82円30銭を上回ってしまったら損確定です。相場の変動が低いときやそういった銘柄が狙い目です。

5分後には85%の利益をゲットできる!ワイバイナリーの詳細・公式ページへ

ページ上部に戻る